ウサギ All for All~みんながみんなのために~ 京都府第2区・現職(9期) 前原誠司
京都府第2区の地図

京都府第2区

京都市 左京区、京都市 東山区、京都市 山科区



不在者投票・期日前投票などの情報は
京都府選挙管理委員会ウェブサイト

プロフィール

さらに詳しい
情報を見るにはコチラ!
さらに詳しい情報を見るにはコチラ!

前原 誠司の情報・活動はこちらもチェック

  • Facebook
  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

政見・主張

●今日本には「国家百年の大計」が必要だ! ●前原誠司が特に注力したい分野:教育「全ての子どもに等しく教育の機会を与えるため、0~18歳までの教育無償化を実現するとともに、高等教育についても国公立の授業料程度を一律無償化し、残りの部分は「給付型奨学金」にして、一定レベルの学力に到達した学生には返済免除を実現します。あわせて、社会人の学び直しのため、リカレント教育にも国がサポートを行う体制を整えます。教育の無償化は、少子化対策(教育の大幅な負担軽減による出生率の向上)、教育格差是正、技術革新による国際競争力の回復という「一石三鳥」の効果が期待できる日本再生の切り札です。まさに「人づくり」こそが「国づくり」であり、教育の無償化で日本を立て直します。」、外交・安全保障「日米同盟関係を堅持・強化しつつも、「自分の国は自分で守る」ことを安全保障政策の基本に据え、防衛装備の製造基盤強化や情報収集・分析能力の向上など、日本の防衛体制を見直し、必要な取り組みを行ってまいります。あわせて、経済安全保障や食料、エネルギーなどの総合安全保障においても、「自分の国は自分で守る」ための戦略を策定し、日本の課題解決に取り組みます。」、国家の創造的改革「コロナ禍において顕在化した国と地方の役割分担をはじめ、国の統治機構や社会制度、産業構造のあり方などを抜本的に見直す「あたらしい国のかたちの創造的改革」を推進することで、平成の30年間を通じて社会の急激な変化に対応できず、停滞を続けてきた日本の国力を回復し、国民一人一人が自立的にその個性・能力を十分に発揮できる国家社会の実現を目指します。」

さらに詳しい
情報を見るにはコチラ!
さらに詳しい情報を見るにはコチラ!
みなさまへのメッセージ

わが国は、急速に進行する人口減少と少子高齢化、このコロナ禍でさらに悪化した莫大な財政赤字という深刻な構造問題を抱え、一人当たりのGDPや国際競争力も低下の一途をたどっています。また、この30年間の国家予算を比較しても、歳出が増えたのは社会保障費と国債費のみで、教育や科学技術費、防衛費、公共事業費、地方交付税交付金などはほとんど増えておらず、国力を発展させるために必要な投資がなされていない現状があります。今こそ、応分の負担で国民が互いを支える「All for All(みんながみんなのために)」の仕組みを構築し、日本の構造問題に戦略性を持って取り組んでいかなければならないと考えます。特に「人材育成」と「少子高齢化」は表裏一体の関係にあり、まず、双方を最重要の課題と捉え、親の所得に関係なく全ての子どもに等しく教育の機会を提供するとともに、ポストコロナのデジタル化の進展にも対応できる「人づくり」に積極的に取り組んでまいります。新型コロナの対応を巡っては、国と地方の役割分担についての課題が改めて浮き彫りになりました。そこで、地方に権限と財源を与え、地方にできることは地方に任せるという「地域主権」の考え方を一層推進し、地方から日本の再生を目指します。さらには、「尊厳ある国家」を自負することが出来るよう、エネルギーや食糧自給率の向上も含めて「自分の国は自分で守る」取り組みを不断に行ってまいります。今後とも、皆さまから頂いたご意見も拝聴しながら、わが国の諸課題を解決し、誰もが希望を持てる社会の構築に向けて政治生命を懸けて取り組んでまいりますので、引き続きご指導ご鞭撻の程、お願い申し上げます。

シェアする